日焼け肌とUVカットの関係

日焼け肌とUVカットの関係

美白を保ちたい方にとっては、UVカット成分が配合されているファンデーションや日焼け止めなどは欠かせないアイテムですよね。最近ではUVカット成分が配合されているコスメだけでなく、日傘や衣類なども登場して人気を呼んでいます。

UVカットとは英語にするとUltraviolet(紫外線)カットのことですが、紫外線をカットする方法にも2種類あります。紫外線を吸収する成分を配合する事で肌の内側に紫外線が届かないようにする「吸収剤」を使う方法と、紫外線を反射する成分を配合する事で紫外線が肌に届く前に散乱してしまう「散乱材」が使われている方法です。どちらも大きな効果があるので、どちらの方法を使った紫外線対策の方が効果的かということは悩まなくても良いと思います。ちなみに、UVカット加工がされている日傘やアパレル、洗濯洗剤や窓ガラスなどには、散乱剤が配合されていることが多いようです。

「夏の日差しが強い日には日焼けしやすい」ということは誰もが知る事実ですが、夏でなくても紫外線をたくさん浴びた場合には日焼けをする事もあります。例えばスキー場などがそうですね。スキー場などでは気温も寒いし凍傷になりそうなぐらい空気も冷たいのですが、紫外線はサンサンと降り注いでいますから、ちょっとお天気の日にスキーをすれば、あっという間にパンダのような日焼けをしてしまう事も少なくありません。

紫外線対策をしなければ、紫外線は私達の肌の中に入り込んできます。日差しが強くなくても、雨の日でも紫外線対策を忘れずに行なった方が良いのはそのためなのです。