肌に負担をかけない日焼け肌の作り方

肌に負担をかけない日焼け肌の作り方

「紫外線は体に良くないことは知っているけれど、トロピカルな夏になるとどうしても日焼けをしたくてたまらなくなってしまう・・・」そんなストレスを持ってしまう夏大好き人間も少なくないのではないでしょうか。小麦色にコンガリ焼けた日焼け肌はやっぱり夏には似合っていますし、特に男性は青白いよりは小麦色の肌の方がセクシーで男らしいですよね。また、ビーチやスポーツなど夏を満喫していれば、自然に日焼けしてしまう事も多いものです。

日焼けをしないように万全の準備をしていても、それでも夏の強い日差しには勝てずに肌は日焼けしてしまう事もあります。その場合には、肌への負担を最小限にとどめる工夫をする事も大切かもしれませんね。

ビーチやアウトドアで紫外線を直接浴びてしまう場合には、最初にしっかりと日焼け止めクリームを塗りましょう。日焼け止めクリームを塗っても肌は日焼けをしてしまう事も多いのですが、紫外線をある程度はブロックできるので、一日中炎天下で過ごす場合には、少なくても2,3時間に一度は日焼けクリームを塗りなおすようにしましょう。

体の中でも出っ張っている部分、つまり鼻やおでこ、肩や頬などは特に紫外線を強く浴びやすい部分です。日焼け止めクリームを塗る場合にも少し多めに丁寧に塗ってくださいね。

また、どれだけ日焼けクリームを塗っても、一日中炎天下にいれば、肌は赤くなってしまいますし、火傷のような炎症を起こしてしまうことも考えられます。急に日焼けするのは肌にとっても良くないので、ちょっと小麦色になりたいな、という場合には時間をかけて少しずつ日焼けをするのが理想的です。