食中毒を防ぐ方法

食中毒を防ぐ方法

"夏と言えば食中毒が心配な時期であり、他の季節では大丈夫な調理方法でも夏だと危険な場合が多いので、しっかりと火を通すなどして気をつけなければいけません。
私の家の場合は、夏以外であれば夕飯に残った味噌汁を翌日も食べる事が多いのですが、夏だと酸味が合ったり色々と心配な点があるので、翌日に持ち越さないように作っています。
カレーも一晩置いた方が美味しいとは言いますが、夏にそれをするのは危険なので、煮込み時間を長くしてコクを出すようにしたりと、とにかく、常温で一晩置くのは避けたほうが良いです。
お弁当の時は保冷材を入れたり、梅干などの抗菌作用のある物や食中毒を防止するシートなどを入れて、菌が繁殖しないよう気をつけましょう。
食中毒になると色々と悲惨なことになり、良い事は一つもないので、食中毒にならないように、料理する人は加熱をしっかりとし、料理前の手洗いは丁寧に行う、爪は頻繁に切るなどして清潔には気をつけてください。
食中毒の予防として、まな板にお酢をかけて殺菌する、というのも有効的ですので、身近に使うものも定期的に殺菌して、家族の健康を守りましょう。"