肌のタルミのトラブル

肌のタルミのトラブル

年齢とともに、肌は少しずつたるんできます。自覚症状が出るのは35歳から40歳ぐらいですが、実際には25歳〜30歳ぐらいから肌は少しずつたるんできている事も多いのだそうです。肌がたるんでしまう原因は、ずばり水分不足と筋肉の衰えです。

顔の内側にある表情筋は年齢とともにあまり使われなくなってしまうため、少しずつ衰えていきます。筋肉の衰えと同時に、その上に乗っている肌も下がってきてしまうわけです。表情筋を鍛えるためには、大きな口をあけたり顔全体を使って表情筋を動かすエクササイズなども有効です。例えば顔中の筋肉を使って「あえいおう」とゆっくり言ってみてください。何度も繰り返しているうちに顔が痛くなってきますよね?それは筋肉を使っているからなのです。

表情筋を鍛えるマッサージグッズなどもたくさんラインナップされているので、普段からマッサージする習慣をつけるのも良いでしょう。手でマッサージするリンパマッサージなども、顔のむくみや疲れ、老廃物を全て取り除く事ができるのでぜひお勧めです。

肌の水分が不足しても肌のたるみの原因になります。肌の水分を補充するためには、保湿効果の高いスキンケアアイテムを使ったり、肌の再生を促すスキンケアアイテムなども効果的ですね。アンチエイジングのスキンケアなどもおススメです。

肌のタルミは、もちろん年齢的な原因もありますが、筋肉を鍛えるように心がけているだけでもずいぶん違いますよ。